ANK免疫細胞療法とは

京都大学が世界で初めてNK細胞の
「活性化」と「増殖」を実現した治療法

「がん」とANK免疫細胞療法について

私たちは、常に病原菌やウイルスなどの病原体による感染の危機にさらされています。

また、体の中では毎日がんの元となる異常な細胞が発生していると言われています。

私たちの体に備わっている「免疫」という仕組みが、病原菌、ウイルスやがん細胞など体に害を及ぼす敵(異物)から体を守ってくれています。

その「免疫」の仕組みが弱まると、がんなどの病気になりやすくなります。

ANK療法は、患者さんご自身の体にある、がん細胞を攻撃する役割を担う免疫細胞であるナチュラルキラー細胞(NK細胞)を使った、がん治療です。

今まで難しいとされていたNK細胞の活性化と増殖の両方を実現。この培養技術を使った治療がANK療法です。
この治療では、患者さんの血液から集めたNK細胞を培養でAmplified=増強(活性を高めて数を増やす)し、点滴で体内に戻します

体内に戻されたANK細胞が、血流に乗って全身を巡りがん細胞を見つけて攻撃します。

標準治療とも併用でき、あらゆるがんに対して効果があることから、世界で大きな注目を集めています。

またANK療法は再生医療等安全性確保法に定められた第3種再生医療として、各地方厚生局に提供計画の届け出が受理された医療機関が行う自由診療です。

ANK免疫細胞療法

なぜANK免疫細胞療法が選ばれるのか

全てのがんが治療対象ANK療法は全てのがんが治療対象です。

がんの部位を問いません。

血液のがん(白血病)でも治療できることが大きな特徴です。

がん細胞がどんなに変化しても、NK細胞は複数のセンサーを駆使して見逃しません。

ANK療法はこのNK細胞の活性を高め数を増やして体内に戻す治療です。

再発転移するがんも治療対象がんが見えなくなっても、再発転移の芽が生き残っていると、やがて大きな腫瘍を形成し、再発・転移と診断されることがあります。


NK細胞は微小ながん細胞も攻撃します。


がんが見えなくなっても、がんの芽を摘むことが大事です。

ANK療法は標準治療との併用も可能です。

手術や放射線で腫瘍に対して大きなダメージを与えた後、ANK療法で残ったがんに止めを刺したり、増殖が活発ながんに対しては抗がん剤治療でがんの勢いを削ぎ、ANK療法で治療をするなど、お互いの得意分野でがんを攻撃することで治療効果を高めます。

既に標準治療を行われている方もご相談ください

ANK療法は通院レベルで治療できるように設計されています。

標準治療の中には、後々まで体にダメージが残る副作用をもたらすものもありますが、ANK療法の免疫副反応は一過性のもの、ご自身で対応できるレベルです。

仕事を続けながら治療を受ける方もいらっしゃいます。