幹細胞治療とは

幹細胞の特長を生かした再生医療
幹細胞の機能の一つに分化能というものがあります。

分化能とは、赤血球や皮膚、軟骨など様々な組織の細胞に変化する能力のことです。
幹細胞には、傷ついたり、弱った細胞を修復する働きがあります。
この幹細胞の自己修復力を高め、擦り減った軟骨や本来の働きができなくなった臓器に働きかけ、機能を修復することで、本来備わっている身体機能を正常に戻すというのが幹細胞を利用した再生医療の概要です。

つまり、休息や食事など自分の力だけでは機能の修復や回復ができない部分を自分の細胞を使って修復するということです

私たちの細胞には、受精卵のように様々な細胞に姿を変えることのできる能力を持った細胞が少しだけ存在しています。
その代表格が 幹細胞 です。私たちの身体のなかには、様々な機能を持つ細胞があります。
組織が怪我をしたりダメージを受けたりしたときに失われた組織を補充する能力を持った細胞
・皮膚や血液のように、ひとつひとつの細胞の寿命が短い細胞

その絶えず入れ替わり続ける組織を保つために、失われた細胞を再び生み出して補充する能力を持った細胞が必要となります。
こうした能力を持つ細胞を「幹細胞」と呼びます。
この「幹細胞」がいるから私たちは受精卵から成長し、また大人になってからも日々の身体を維持できるのです。


幹細胞を用いた再生医療


幹細胞を用いた再生医療は、再生する力(損傷したり弱ってきた部分を修復しようとする働き)を何十、何百万倍にも増幅させて、ダメージを受けた血管や機能不全になった臓器に集中的に働きかけ機能回復をすることで、本来カラダがもっている正常の機能に再び戻すこと(再生)を目的とした医療です。
当社の紹介するクリニックで行う再生医療は「自己脂肪由来幹細胞治療」になります。
自己脂肪由来幹細胞治療は、まず患者の身体から取り出した幹細胞を生体外で培養し、規定量まで増殖させてから元の身体に戻します
戻す細胞は自分自身の細胞ですので拒絶反応やアレルギーも起きにくく、安全性も高い技術です。
自己脂肪由来幹細胞治療は世界中で研究が行われており、今最も注目の最先端医療技術になります。
幹細胞を利用した再生治療は、関節内や皮膚に直接注射を行います。しかし、内臓など身体には直接注射ができない場所も多くあります。
直接注射ができない場合は点滴を利用して静脈注射を行います。静脈注射で血管に注入された幹細胞は全身を巡り、直接注射ができない場所にある組織や臓器の修復や機能の回復を促すことができます。

どんな疾患に効果が期待できるのか?

  • 肝機能障害(肝硬変・劇症肝炎、肝硬変後後遺症)
  • 糖尿病
  • 腎疾患(慢性腎臓病)
  • 脳⾎管障害(脳卒中・脳梗塞後遺症) ・アルツハイマー型認知症パーキンソン病
  • 関節の痛み(変形性膝関節障害・股関節の痛み・肩の痛み) ・半⽉板損傷
  • 循環器の疾患 虚⾎性⼼疾患による不整脈、⼼不全⼼筋梗塞後後遺症狭⼼症
  • ⾻・神経等 ⾻粗しょう症脊髄損傷末梢神経障害
  • 肌・⽑髪 肌再⽣・肌の⽼化防⽌アレルギー性⽪膚炎⽑髪再⽣
  • がん免疫治療
  • 視⼒回復
  • 男性機能回復(ED)
  • 更年期障害
  • スポーツ外傷(スポーツ外傷による機能障害や関節の痛み)